とりあえず推しの話をします。

舞台沼で最推しへの愛を叫ぶゾンビガールの日常を綴る。

幸せとはなんだろう(哲学)という話。〜bare2020を観劇して〜

2020.02.02。職場の上司2人と私という観劇大好き仲間たちでブロードウェイミュージカル『bare』を観劇した。

 

上司Aは神田恭兵さんという役者さんのファンで前も見た事あると言っていたが、Bと私は初めてだった。

突然だが、私はLGBTのひとつであるバイ・セクシャルであり、女性のパートナーもいる(本当に突然だね)。この垢ではもうさらけ出しているので知っている子もいるが、普段推しのことについて沢山話す垢のフォロワーさんやリア友はほとんど知らない。多分計算が間違ってなければ、私の人生に関わる人間で11人の人間しか知らない。

なので行きの電車で改めてストーリーを予習した時、とても気まずさを感じた。この2人は私の性のことを知らない。一緒に観劇した時にどんな反応をされるのだろうと。

 

そんな不安を持ちながら劇場につき席につく。座席番号を知らないで行ったのだが、もうこんな贅沢をしていいのか!?という席だった。私と上司Aは役者ファンなのでキャスト先行や最速先行でいい席を取ることもあったが、上司Bはそういう経験が少ない方なのでずっと「いい席ですね、私こんな贅沢な席を頂いてしまっていいのかしら。ドキドキしちゃうわ。いつも2階席とかばかりだったもの」とソワソワしながら言っていて可愛いなぁと思った。こんな純粋な乙女のような反応私もしてみたい。

と、そんなことをしているうちに舞台の幕は上がった。

 

今回の組み合わせは

ジェイソン:小谷嘉一

ピーター:大久保祥太郎

アイヴィ:増田有華

マット:神田恭兵

だった。私はこの日の公演のダブルキャストは増田さん以外は舞台を見たことがあったので、この日のチケットが取れて本当に良かったぁと思える組み合わせだった。

ピーター役の大久保さんはCOCOON/COCOON星が、ジェイソン役の小谷さんはメサイアシリーズが最後だったので、2人が最初に出てきた時本当にびっくりした。最後に見た作品や沢山見た作品の印象が強くなってしまうのがオタクだと思っているので、「ええすごい……ええ………」という幼稚園児のような感想しか最初は出てこなかった。ピーター可愛い。去年の5月とか嫌味な繭期の吸血種やってたじゃん……そんな恋人に対して一途な感じなかったじゃん……。そして小谷さん背が大きい。メサイアの時もう少し小さいと思っていた……。神北さんのおしりを箒で叩いてた可愛い彼は、すらっとした背の高いなんでも出来るモテモテのイケメンになっていた……。役者ってすごい(語彙力)

ネタバレが出来ないのでニュアンスでしか伝えられないのが悲しいが、最初は歌が上手だなぁとか、ナディアいいキャラしてるなぁとか、ルーカスとターニャいいカップルだなぁとか色々考えながら見れた。ターニャ本当に可愛かった、顔小さかった。ナディアも素敵だった。お見送りふたりがいて幸せだったのに、スタッフの誘導が甘くてどこまで近づいていいのか分かんなくて困った

あとシスターとてもよかった!!歌うまいしキャラの確立の仕方が1人だけ違くて、もう出てきたらワクワクしてしまった。

 

ただ……物語が進むにつれて、ジェイソンとピーターの葛藤が少し前の私と重なって辛かった。

私は有難いことにカミングアウトした時に殆どの人達は優しく受け入れてくれた。ただその前は、カミングアウトすることが苦しくて仕方がなかった。受け入れて貰えなかったらどうしよう。嫌われたら。(後で少し書くが、)過去に1人私のこの秘密を周りにばらした人間もいた。周りの視線に脅えながら生きていた。だから2人の気持ちがそれぞれ理解出来たし、本当に胸が苦しかった。最後のシーンなんか、泣きすぎ涙が止まらなくて、てカーテンコールで泣き止むことが出来なかった。

そしてアイヴィやマット。この2人もとても学生の葛藤を表している感じがして素敵だったし、マットなんて私の性を勝手に広めてしまった過去の友人に似ていた。彼女は良かれと思って言ったと言っていた。最後、マットと同じように謝ってくれたが、私は許せずそのまま疎遠となった。その時のことを色々と思い出してしまって、ピーターは許してあげてえらいと思った。

2人の幸せになれる道は、みんなが幸せになれる道はなかったのかな」と全体的に考えさせられる舞台だった。

 

終わったあと、上司2人の反応が怖かったが、帰り道で沢山話した。自分の周りにもし悩んでいる人がいたらどうするべきなのか。2人は手を差し伸べると言ってくれた。私はその時とても嬉しかったし、また泣きそうになった。良い人達と出会えたなぁ……私は幸せだ。

今回、もしbare2020を見るか悩んでいる人がいたら是非見てほしい。青春の民が大好きな鯨ちゃんゲストでアフタートークする日もあるし。そして一緒に考えて欲しいし、彼らの物語を見守って欲しい。

「幸せとはなんだろう……。」と、思って欲しい。

最後に。キャストの皆様、スタッフの皆様。

素敵な作品に出会わせてくれてありがとうございました、最後まで怪我なく終えることができるように祈っております。

 

2020.02.03

ざわこ。