とりあえず推しの話をします。

舞台沼で最推しへの愛を叫ぶゾンビガールの日常を綴る。

推しの仕事の話。~3月ぶりに最推しの舞台を生で見て感じたこと〜

 

f:id:Baniku_Houtai:20201024094427j:plain


私の最推しはヒロインなんじゃ
……?とよく思う私です、こんにちは。今日は最推しの舞台を3月ぶりに見て、という話。

 

 

というわけで!!!!見てきましたよ最推し!!!!大好きな銀河劇場で銀牙!!!!いやもう生きてる感じした。最高すぎ。

今回は同担組と2人で観劇。単番でしか申し込みが不可なので、少し離れての観劇でした。同行者は今年初舞台だったので、本当に昨日は見れてよかった。

コロナ禍での舞台なので劇場スタッフも対応に不慣れであわあわしてる感じがあったものの、とても親切にしていただいたし、去年もお世話になったあのスタッフさんがいたのは安心した。

ネタバレになるので感想は詳しく言えないけど、ただひとつ言えるのは最推しは役者でした、安心した。最近酒飲みの40歳の楽しい人だと思ってた(おい)

全体的にめちゃくちゃ良かったし楽しかったんだけど、今舞台をすることについて色々考えた。

 

 

昨日銀河劇場の席に座って始まりの音が鳴った時、涙がもう止まらなかった。

銀牙は昨年の時点で公演をすることが決まっていた。インタビューや最推し達の配信とかを見ている感じ、多分夏前か春先に発表してそこからプロジェクトが進む予定だったんだと思う。それがコロナ禍に陥って、今回急遽客席を減らしたりしての公演になった。舞台がちゃんと行えるかも怪しい状態で、最推しや他の役者さんやスタッフさんたちは最善を尽くしてくれた。もうそれが劇場に入った瞬間に伝わってきて嬉しかったし、だからこそ悔しかった。ちゃんと客席が全部埋まった状態で公演を行って欲しかった。こんな不自然に1席ずつあいた劇場で行って欲しくなかった。

最推しの仕事はメインは舞台役者だ。観客の前で演技をすることが彼の仕事。それを生でこうしてみることが出来るのは嬉しい。けれど1席ずつ空いた席や、他の舞台のコロナ陽性反応が出た場合の対応を見ていると、危険を冒してまでやることなのかとかとも考えてしまった。

 

 

昨年もお世話になった劇場スタッフさんがいて、幕間でトイレ移動の介助をしてもらったあとにその人とこんな話をした*1

 

ス「1年前はこんなこと考えられませんでしたよね」

私「ね、本当に。あの時は12公演通ってその度に今日はどうだったってお兄さんに介助してもらってる時に話していたのに」

ス「けれど、私はこのような形でも銀河劇場に銀牙が戻ってきてくれたのが本当に嬉しいです。私銀牙が大好きなので!!最後まで見守りたいと思います

 

スタッフさん😭😭😭😭😭あなたはオタクの代表かってくらいいいこと言うじゃないか😭😭😭😭😭って心の中で泣いた。

スタッフさんの言う通りだなって思った。悔しいとかマイナス事書いたけど、最推しの舞台を見れるのは嬉しい。最推しがこの形でもいいから演技をしたいと思って、こうして板の上にたってくれることが嬉しい。ありがとう。マイナスなこと言ってごめん、ちゃんと最推しの勇姿見守らせてください。

何事もなく終えることができるようにただただ願うことしか私は出来ないけど、最推しが良かったって終わり方ができるように終わって欲しい。あと2公演は確実に観劇できるから、あと2回しっかりと見届けたい。

 

 

はい、今日は短め。感想とかは全て終わったら書こうと思います🙌

今日はこれで終わり!!バーイッ、センキュッ!!

 

 

2020.10.24

ざわこ

*1:劇場内は原則会話禁止です。介助していただいた中で少しお話しただけなので、わざわざ話に行った訳では無いことをご理解頂けますと幸いです。